買ったばかりのデスクトップPCを売ることにした3つの理由。やっぱりノートがいい。

デスクトップPCを売る

こんにちは。くまがいです。

買ったばかりのデスクトップパソコンを売ることにしました。

デスクトップパソコンへ買い替えた3つの理由

今までは11インチのMacBookAirを使っていたのですが、下記3つの理由によりデスクトップPCへの買い替えを決意しました。

  1. 会社でWindowsを使って家でMacを使うと使い勝手の違いにイラつくことがあった
  2. ブロガーのヒトデさんのデスクトップPCを使っているのを見てプロっぽいかっこいい!と思った
    →よくよく見返したら、メインはノートPCでした!!モニターを使っていただけだったんですね。でも使い方としてはデスクトップ的な使い方ですね。キーボードもデスクトップ用のやつでカタカタしたいと思ったから。なんか頭よさそうやん。
  3. ノートPCだとどうしても姿勢が悪くなると思った
    →ノートPCを使うときはソファに座って膝の上にPCを置くことが多かったので、どうしても目線が下になります。その結果、猫背になって肩こりになって、二重あごになって!!←全部ノートPCのせいではないけど。

もちろん愛用していたMacBookAirは買取サイトへ売却。もういらなくなった、ドライブも付けて¥40,000でした。
こんなもん?

まぁ4年くらいは使ったし大満足
これを元手に秋葉原のビックカメラでDell Inspiron 3268を購入しました。

くまがい
@営業部
やっとデスクトップPCでカタカタできる!大満足^^

と思っていたのですが、いざ使い始めると下記の理由で嫌になってきました。

デスクトップパソコン3つのデメリット

  1. 決まった場所でしか作業できない
    一番はこれです。
    壁に向かってPCを設置しているのですが、テレビを見ながらネットサーフィンしたり、ソファに移動してPCを開いたりすることができません。購入前は逆に作業に集中できるかなと思っていたのですが、そんなことはありませんでした。
  2. 起動する&シャットダウンするのが面倒
    電源ボタン→モニターボタン
    大した事ないような気がしますが、一度嫌だなと思ったらこんなことさえいやになってくる。
    ノートPCなら、後で使うなと思ったらパタンと閉じておけばいいだけですが、デスクトップPCはそうはいきません。もちろん休止モードとかはあるけど、結局使わなかったりして、寝る前にモニターをつけてシャットダウン。めっちゃめんどくさい。
  3. 気軽に開けない
    ほんとこれ、気軽に開けない。何をやるか決めてか起動するというこの面倒くささったらないです。

デスクトップパソコン3つのメリット

ここまでデメリットを言ってきましたが、もちろんメリットもあります。

  1. 画面が大きくて見やすい
    さすがにまだ老眼は始まってないですが、表を見たりするときには大きめのモニターの方が断然見やすいですよね。
    けれども、どうしても大きい画面で見たいなら、モニターだけ準備すればOK。TVにも繋げますしね。→解決。
  2. 画像編集などがっつり作業するならデスクトップの方が操作しやすい
    画面のサイズだけでなく、キーボードやマウス操作はデスクトップパソコンの方がいいと思います。でも、好みです。ノートパソコンでもタイピングしやすいものもあります。マウスも無線で小型のものを使えばいい。→解決。
  3. 安い
    もちろん機種によって異なりますが、同じメモリやCPUだとデスクトップパソコンの方が価格が安く済みます。

色々書いてみましたが、私みたいにどうしてもデスクトップパソコンがいい!使ってみないとわからない!という人もいますよね。新品もいいですが、わたしみたいに新しいパソコンを買ってはみたけどすぐに買い替えようとする人もいます。(=かなり綺麗な状態)

なので、中古ショップをみて格安で買うのがおすすめ!

というわけで、買ったばかりのデスクトップPCを売ります。そして、またノートPCを買います。

本件については、進捗があり次第改めてご連絡致します。↓

ノートパソコンはSurfaceのLaptopを購入しました。よかったらこちら「サーフェスのラップトップ購入!よかった点悪かった点まとめ」にて。

何卒宜しくお願い致します。

Sponsored