サーフェスのラップトップ購入!良かった点悪かった点まとめ

surface laptopレビュー

クリスマスイブにビックカメラへ行って、サーフェスのノートパソコンを購入してきました。最後の最後までDELLのXPS13と迷いましたが、最終的には価格の面とすぐに持ち帰れるということでMicrosoftのLaptopに決めました。それに何よりスタイリッシュなのです。

laptopプラチナ

10,000円分のビックカメラアプリクーポンにプラスαの値引きで約13万円で購入。さらにはiPad・mac買取で30,000円キャッシュバックで実質10万円くらいになりそうです。ちなみにこのキャッシュバックは後出しでOKとのことなので、ヤフオクやメルカリでiPadを購入して買取してもらう予定です。

今まで値引きってしたことなかったけど、DELLのデスクトップを購入してすぐ売ったこともあり、できるだけ安く購入したかった。。。

そんなことはさておき、とにかく今はこの高いものを買った時の独特のゾクゾク・ワクワク感に満たされています。

ひとまず1週間使ってみて、よかった点と悪かった点をまとめます。ちなみにノートPCの使い方としては、ネットサーフィン・動画・ブログ・ちょっとだけ画像編集といったところです。

マイクロソフトラップトップのよかった点

質感がいい

見てこのスタイリッシュな私のノートパソコン。と言いたくなるような佇まい。うっとり。私が購入したのは「コバルトブルー」なのですが、本当にきれい。光の当たり具合で黒っぽくも見えます。

laptopコバルトブルー

書き味滑らか

タッチ機能って必要なのか?と思っていたのですが、あるとやっぱりいいです。無駄に書きたくなる。こうなるとペンも欲しいな。

laptopペイント

コスパ高い

officeをつけると高くなるのですが、Microsoftなのでoffice付き。デザインも含めてコスパいいと思うな。やっぱり使っていて見た目は重要。ウキウキするほうがいいよね~。

マイクロソフトラップトップの悪かった点

特に悪いところが見当たらないので、悪いというか気になるなと感じたところを書いておきます。

キーピッチが広い

これは完全に手の大きさにもよると思いますが、私にとっては少し広めだったので、打ち間違いが結構あります。ただ、慣れかなと思うので問題なし。

ポートが少ない

イヤホンジャック、電源ポート、USBポートの3つのみ。できる限り余分をそぎ落としたモデルとなっています。USBは2つくらいは欲しかったかなと思います。

モニターに接続したい場合などにも、別途ポートを準備する必要があるので、少し不便です。

こんなやつね↓

こんなのもあります↓

ただ、基本的に何かにつなげる予定はないので、特に問題なしです。

Office2016であること

これどういうことかというと、ずっと最新版に更新できるわけでないうことです。例えば2019が出たとして最新版を使いたい場合は、新たに購入する必要があるのです。

ずっと更新できたらなぁとは思っていたけれど、今思えばなんでそんなにこだわっていたのかわかりません。最新版でなくてもいいのでは?そもそもそんなに使ってない。というわけで、問題なし。

ちなにみこの最新版に更新できるタイプは2017年末で終了となっています。

まとめ

Surface Proも触ってみましたが、わたしはlaptopが好きです。質感もキータッチの感触もこっちのほうが好き。よっぽど画面だけで使いたい人以外はlaptopがおススメ。

最後に動画ものせておきます。

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)
Sponsored