YOUTUBEで聴ける泣ける邦楽10曲。号泣からちょっと泣ける歌まで

泣ける邦楽
くまがい@営業部
最近泣いてないな。
内勤ぶんぶん
泣くことはストレス発散になるって言いますよね。

というわけで、泣ける曲をご紹介。参考に★1つから★3つまでで泣ける度を表してみました。

★★★ 星3つ号泣度MAXの邦楽

東京|JUJU

JUJUの「東京」は映画『祈りの幕が下りる時』の主題歌です。映画は観てないけど、この曲は好きで繰り返し聴いてました。特に地方から東京に出てきた人は故郷をの懐かしく感じて、ちょっと忘れがちな「お父さん元気かな。。。」って思い出す。そんな曲です。

泣けるとまで思ったのは、この動画を観てからなのでまずは動画で観るのがおすすめ。

I LOVE YOU|クリス・ハート

クリスハートの「I LOVE YOU」は動画内にセリフが入っていたりして、浅見れいな主演での短編映画風のつくりになっています。

今近くにいるひとを大切にしようって思います。それと、JUJUの東京にしてもこの曲にしてもそうだけど、死ぬときは言ってよねっておもう。こっちの勝手な想いかもしれませんけど。

奇跡を望むなら|JUJU

JUJUの「奇跡を望むなら」はもう説明不要というくらい泣ける歌界でも有名な曲。大切なひとが死んでしまうってやっぱりかなしい。誰でもいつかは死んでしまうのだけれど。

★★☆ 星2つちょい泣きの邦楽

明日への手紙|手嶌葵

手嶌葵の「明日への手紙」はドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』の主題歌です。このドラマは、辛い過去を背負っていながらも前向きに生きようとする地方から上京してきた主人公の話です。有村架純と高良健吾主演。全体的に暗いけど引き込まれるドラマです。

↑短いですが、「いつ恋」バージョンものせておきます。

かたちあるもの|柴咲コウ

柴咲コウの「かたちあるもの」はドラマ『世界の中心で愛を叫ぶ』の主題歌です。今見たいにごつくないかわいい山田孝之(今もすき)と綾瀬はるか主演で、当時大ブームとなりました。

久しぶりにAmazonプライムビデオで観てみました。やっぱりよかった><

ラストシーン|いきものがかり

いきものがかりの「ラストシーン」は、広瀬すず主演の『4月は君の嘘』の主題歌です。

涙が止まらないよ 君に会いたくなる
春の光がほら あの日と同じみたいだ
ねぇさよならをもう伝えなくちゃ
君だけがいない 今を生きてく

という歌詞から始まる。これだけでなんだかぐっとくる。映画は期待しすぎて泣けなかったです。。。

Rain|秦基博

秦基博の「Rain」という曲。

別々に暮らす 泣きだしそうな空を
にぎりしめる強さは今はもうない
変わらずいる心のすみだけで傷つくような
きみならもういらない

映画「君の名は。」の新海誠監督のアニメーション短編映画『言の葉の庭』のエンディングテーマです。

★☆☆ 星1つうるっとくる邦楽

奏|スキマスイッチ

スキマスイッチの「奏」。

改札の前つなぐ手と手 いつものざわめき、新しい風明るく見送るはずだったのに うまく笑えずに君を見ていた

という始まりの歌詞がすき。

ひまわりの約束|秦基博

秦基博の「ひまわりの約束」は、映画『STAND BY ME ドラえもん』の主題歌です。この曲を聴くと自分がのび太になっていて「わぁーん。ドラえもん行かないでよ」って気持ちなります。

Lemon|米津玄師

米津玄師の「Lemon」は、石原さとみ主演ドラマ「アンナチュラル」の主題歌です。これはドラマを観ていた人しかわからないかもしれません。この曲を聴くとドラマのシーンがあたまの中でザーッと流れてきてリンクしてぐっとくる。すき。

まとめ

さてここまで10曲紹介してきましたが、泣ける映画とかもいいですね。仕事ってストレスたまるよな~。あーすっきりしたい!と思ったときは、こんな動画で泣いてみるのもいいかもしれません。

Sponsored