【読書メモ】あなたの成長を加速させる80の方法 アウトプット大全

アウトプット大全

内勤ぶんぶん
結構本とか読んでるつもりだけど全然仕事に役立ててない。。。成長できてない気がする。。。
くまがい
もしかしたらインプットのしすぎアウトプットが不足しているのかもしれないね。

という私も通勤電車の中では読書したり、音声で聴いたり。。。完全なインプット過多人間です。圧倒的にアウトプットが足りていない

自己紹介が遅れました。私は精神科医の樺沢紫苑と申します。 作家として28冊の本を出版しています。  私は、毎月20冊以上の読書を30年以上続けています。これは、 圧倒的なインプット量といえると思いますが、あるとき「いくら インプットしてもちっとも成長していない」ということに気付き ました。  それ以来、意識的にアウトプットを強化し、今日に至ります。

メルマガ、毎日発行 13年 Facebook、毎日更新 8年 YouTube、毎日更新 5年 毎日3時間以上の執筆 11年 年2~3冊の出版 10年連続 新作セミナー 毎月2回以上 9年連続
さらには
基本、18時以後は働かない 月10本以上の映画鑑賞 月20冊以上の読書 週4~5回のジム通い 月10回以上の飲み会 年30日以上の海外旅行
と、普通の人の3倍以上は遊んでいると思います。

という樺沢氏。半端じゃないアウトプットの量に圧倒されました。

そんな樺沢氏の著書「アウトプット大全」がめちゃくちゃよかったのでざっくりまとめます。

学びを結果に変える アウトプット大全|樺沢紫苑

発売日:2018年8月3日
ページ数:269ページ

アウトプット大全はこんな人におすすめ

  1. 自分の成長を感じられない人
  2. 仕事や勉強の成果をもっと出したい人
  3. 何かに悩んでいる人

もちろん交渉や営業が得意になりたい人の役にも立ちます。

アウトプット大全の気に入ったところ3つ

私が特に気に入ったのは

  1. 11依頼する
  2. 53目標を書く
  3. 71(言葉で)表現する
    という項目。

アウトプット11 依頼する

心理学でひとに親切にされると「そのお返しをしないといけない」という気持ちが湧きあがる「返報性の法則」というのがあります。

ポイントは「自分から先に相手のために何かをする、与える」というところです。先に与えると相手が「お返しをしないといけない」という気持ちになり、そのタイミングで依頼すると相手が喜んで引き受けてくれます。

アウトプット53 目標を書く

なかなか目標が実現しない」というひとは必見。

なかなか目標が実現しないのはなぜなのか。それは目標の書き方が悪いからです。

実現する目標の書き方とは
  1. 難易度を「ちょい難」に設定する
  2. 期限を付ける
  3. TO DOに落とし込む

特に❸の「TO DOに落とし込む」ができてないひとが多い。というわたしもなのですが。。。実際に何をするか?という具体的な行動に落とし込む必要があります。
例えば「仕事を頑張る」→「社内売り上げランキングで5位以内に入る」みたいな感じです。
わたしはここから更に「そのためにどうすればいいか?」と掘り下げていってより具体的なTO DOに落とし込みます
例えば「社内売り上げランキングで5位以内に入る」→そのためにはどうすればいい?→「100万円の新規案件を5件獲得、既存顧客への拡販で1000万円を売上げる」→そのためにはどうすればいい?→「新規顧客へ〇〇件訪問する」「テレアポで〇件、DMで〇件アポを獲得する」「〇〇件リストアップし電話する」…というように。ここから月→週→日とスケジュールに落とし込むと完璧です。
これは40の「TO DOリストを書く」にも通じるところ。少し面倒だけれどこの「TODOに落とし込む」ってのをしっかりやっておくと「次何しよう」って迷う時間がなくなってサクサクっと仕事が進みます

アウトプット71 (言葉で)表現する

悩み事や考え事を「言葉にして書き出す」というのがポイントで紙に書き出すだけで心のデトックス効果があるとのこと。

早速実践してみると不思議と頭と心がスッキリとしてきて、ここ最近ずっとモヤモヤしていたことがすっきりと整理されました。

はあちゅうさんもツイートされていました。

アウトプット大全の読みやすさが半端じゃない

80個ものTipsが1つあたり2~4ページにコンパクトにまとめられています。
最後の章には「アウトプット力を高める7つのトレーニング法」として、具体的なトレーニング法が書かれています。

紙自体に厚みがあるので、全体的に分厚い本なのですが、これでもか!というくらいイラストや図がふんだんに使われているので、サクサクっと読めます

サクサクっと読めるんだけれど、決して浅い内容というわけではなくたくさんの情報をぎゅっと凝縮した1冊になっています。

目次が細かく分かれているので、目次を見て気になるところから読んでいくのにも便利。「こういう時どうするんだっけ?」っていう場合の逆引き辞典的な使い方もできそう。

なお、メルマガに登録すると第1章が無料で公開されているので、目次だけでも見てみるといいです。

ページを開いた瞬間グッと引き込まれる言葉がたくさん。

ブログもいいのですが、メルマガ購読しとくと観た映画や1分ほどにコンパクトにまとまった動画が見られます。

私はメルマガをサラッと読んで、興味が湧いたときだけ動画を見るっていう使い方をしてます。
https://canyon-ex.jp/fx2334/output01

Twitterも動画等まとまっていて見やすいのでオススメ。

Sponsored